クオリティマネジメント Quality Management

文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
ログイン
掲載情報をメールでお知らせします。
購読申込
HOME > 2012年4月-6月(No.1) > 特別企画 > QCサークル50周年に寄せて
QCサークル50周年に寄せて

2012年、QCサークル活動(小集団改善活動)が50周年を迎えました。

日本で生まれ、今や世界に広がった活動ですが、皆さんはその起りをご存知でしょうか?1962年、『現場とQC』誌(現在の『QCサークル』誌)創刊号にはこうあります。

『現場とQC』

「昨年本誌の姉妹誌『品質管理』で現場の職組長さんにお集まり願い品質管理について座談会を行った際に、われわれが気やすく読めるような雑誌がほしいという要望が非常に強かったので、早速小委員会をもち、いろいろ検討し、第11回品質管理大会でアンケートをとったりして、『現場とQC』の発行を決定するにいたった次第です」

「いずれにしろこの本により現場に地についたQC活動が行われ、実際に現場の方々により大きな成果を上げていただけるようになれば、われわれとしてこの上ない喜びであります」

(『現場とQC』誌 編集委員長 石川馨東京大学教授、「発刊に当って」より)

この『現場とQC』誌を、現場の方が集まって読み、勉強しよう、そして改善活動に役立てよう--これがQCサークル活動のはじまりでした。

今年、日科技連では記念史の発刊や、『QCサークル』誌での50周年記念特集など、記念事業を企画しています。ここでは、上述の『品質管理』誌に掲載された座談会から、QCサークル活動の原点を振り返ってみたいと思います。

ここから先はログインID・パスワードをお持ちの読者様のみ閲覧ができます。

ログイン
購読申込

特別企画

全てを表示

年度別 INDEX

編集部だより Editorial department
読者の声 voice