クオリティマネジメント Quality Management

文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
ログイン
掲載情報をメールでお知らせします。
購読申込
HOME > 2012年7月-9月(No.2) > 連載 > 品質管理の基本的な考え方
品質管理の基本的な考え方 e-BPM研 代表 一般財団法人 日本化学技術連盟 嘱託 江成 啓

第2回 品質問題の構造と行動品質

はじめに

連載第2回では、はじめに「品質問題はどうして次々と起こるのか」について、問題個々の原因ではなく、その背後にある2つの共通原因を考えてみる。第1の共通原因は「仕事の質」であると捉えて、問題発生の前提を明らかにしたあと、仕事の質をプロセスの質と結果の質の両面から検討し、仕事の質を高める3つの場面を紹介する。第2の共通原因は、仕事のやり方はそこで働く人の行動そのものに左右されることから、「行動品質」であるとし、問題と仕事の質と行動品質の関係を明らかにしたあと、理想とする技術者(例として、設計&実験技術者)の行動品質思考プロセスを紹介する。次に、行動品質と品質問題発生の関係性を品質問題発生の構図として示した上で、行動品質を向上させるための考え方を提示する。

ここから先はログインID・パスワードをお持ちの読者様のみ閲覧ができます。

ログイン
購読申込

連載

全てを表示

年度別 INDEX

編集部だより Editorial department
読者の声 voice