クオリティマネジメント Quality Management

文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
ログイン
掲載情報をメールでお知らせします。
購読申込
HOME > 2013年1月-3月(No.4) > 連載 > 日本品質奨励賞への道(ツカサ電工) Part2

日本品質奨励賞への道 この連載では、2011年度日本品質奨励賞受賞組織にフォーカスし、代表者へのインタビューと、取組みの内容をご紹介します。 第4回 ツカサ電工 2011年度日本品質奨励賞 品質革新賞 Part2取組み紹介 「環境管理システム」から「経営管理システム」への拡大による経営の質向上 ツカサ電工(株) 代表取締役社長 高橋 博之氏

はじめに

ツカサ電工㈱は、1968年の創業以来、柔軟な発想と自ら市場を創造する事業姿勢のもとに、モータ事業とタイマー事業において、常に新たな市場を開拓するリーディングカンパニーとして発展を遂げてきた(表1、図1)

※画像クリックで拡大できます。 表1 ツカサ電工の沿革
表1 ツカサ電工の沿革
※画像クリックで拡大できます。 主要製品
図1 主要製品

モータ事業においては、お客様と社会のニーズに応えるために、いち早く「小型・高トルク・省エネルギー」というDCモータの特性に着目し、業界に先駆けて高品質・小型のDCギヤドモータを開発した。そして、さまざまな分野に提案し、市場を開拓・創造してきた。多種多様なニーズに応える柔軟な開発力、国内外に構築したスピーディーな生産体制により、ATM(現金自動預け払い機)、券売機、自動販売機、アミューズメント機器を中心に、医療機器、事務機器、住宅関連機器、外食産業関連機器からロボット分野にまで市場を拡大している。

タイマー事業においては、DCギヤドモータを心臓部に用い、自由な発想により開発されたスポーツタイマーが、スポーツ選手をはじめとする多くの人々から高く評価され、業界オンリー・ワンの地位を築いている。

また、2009年10月にはポンプ事業部を立ち上げ、チューブポンプを主体としたマーケット展開を図っている。

今後も、「優れた商品とサービスを提供し、お客様と社会に貢献する」という経営理念のもと、常に時代のニーズを捉えた多彩な製品を打ち出し、高いお客様満足を実現し、さらなる発展をめざしていく。

ここから先はログインID・パスワードをお持ちの読者様のみ閲覧ができます。

ログイン
購読申込

連載

全てを表示

年度別 INDEX

編集部だより Editorial department
読者の声 voice