クオリティマネジメント Quality Management

文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
ログイン
掲載情報をメールでお知らせします。
購読申込
HOME > 2013年1月-3月(No.4) > 連載 > 品質管理の基本的な考え方
品質管理の基本的な考え方 QCがなぜ重要なのか?読者の皆さんに、そんな原点を改めて振り返っていただく連載です。

第4回(最終回) 品質管理の必要性と管理者の役割

はじめに

今回は連載最終回となるので、第1回~第3回を踏まえたうえで、最初に経営とは課題解決活動そのものであるため、課題解決の基本的態度として、課題解決の本質と7つの基本作法について考察する。次に、品質管理活動には全社員が直接もしくは間接的に関係していることを再認識するとともに、品質管理の必要性を再認識する。また、これだけは知っておきたい品質管理に役立つ必要最小限の品質管理手法を紹介する。最後に、組織が抱えている重要な課題を解決に導く立場にある管理者(ミドルマネージャー)の重要な役割について紹介する。

ここから先はログインID・パスワードをお持ちの読者様のみ閲覧ができます。

ログイン
購読申込

連載

全てを表示

年度別 INDEX

編集部だより Editorial department
読者の声 voice