クオリティマネジメント Quality Management

文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
ログイン
掲載情報をメールでお知らせします。
購読申込
HOME > 2013年7月-9月(No.6) > 連載 > 日本品質奨励賞への道(小川工業) Part2

日本品質奨励賞への道 第6回 小川工業 本社・本社工場 Part2 取り組み紹介 全員参加の改善活動で品質向上 小川工場(株)取締役会長(取材時は社長) 佐々木 惣太郎 氏

はじめに-小川工業の製品特徴と歴史

小川工業(株)は、特殊ナット類の切削加工メーカーとして昭和14年に発足し、70年以上の社歴をもっている(図1、図2)。昭和53年の第4工場の完成と共に、(株)阪村機械製のパーツホーマーを導入し、冷間圧造(鍛造)の加工分野を加え、一貫加工メーカーとして現在に至る(代表的な製品群は図3の通り)。本社工場のある橋本市は、和歌山県の東北端にあり、紀伊半島のほぼ中央に位置しており、北は大阪府河内長野市、東は奈良県五條市に隣接し、世界遺産に登録された高野山の麓にある。当市は紀の川流域の自然環境に恵まれた農業中心の地域で、周辺に金属製品加工業者も少なく、外注協力会社に一部加工依頼する事が容易ではない。従って、当社内部でネジ切り加工機の内製化を推し進め、加工設備の充実を図ると共に、その設備のメンテナンスや改造も、社内で行なえるように「TPM活動」をベースにした保全、改善技術の充実に努めてきた歴史がある。

小川工業の沿革
図1 小川工業の沿革
小川工業 経営理念
図2 小川工業 経営理念
代表的な製品群
図3 代表的な製品群
本社工場
写真1 本社工場

創業当時から加工工法の開発を繰り返してきたが、高ナットの切削加工から、冷間圧造に切換えステンレス高ナットの冷間圧造化をしたのは日本初であった。一時は高ナットシェアーを独占しかけたが、自社の体質強化のために新しい分野として自動車業界に参入した。多くのお客様に育てられ、現在では、自動車部品事業であるサスペンション、防振部品、シートベルトなどが全体の43パーセントを占めており、プレス部品事業としてATミッションの中に入る機能部品、シートベルトに入る部品などが37パーセント、建築部品事業では高ナット(平径より長さの長いナット)やインサートが全体の20パーセントを占めている。

しかし、量の時代から質(精度)の時代になると、独自の工法開発にも積極的に取組んだ。汎用プレス機で板厚t30ミリ抜きも可能なファインプレス工法は、その1つである。図4の技術開発のロードマップは、商品群別の売上の推移を表している。このように技術開発のイノベーションを重ねながら発展してきた。

技術開発ロードマップ
図4 技術開発ロードマップ

当社の技術進化は、建築用の高ナットを切削加工で生産したのが発祥である。もともとバー材を切断して穴あけ加工をし、穴の回りに面をとってネジを切るというような加工をしていたが、パーツフォーマー機という横型の多段式の冷間圧造機を使うことによって、ここまでの工程を1工程で仕上げ、後はネジを切るだけとなった。そのため、材料歩留まりが非常によくなり、1分間に60~100個で生産することが可能になった。従来の切削に比べて飛躍的に生産性があがることになり、同じパーツフォーマーを使った自動車部品も加工することができた。また、ステンレスの304系のXM-7という材料の長手の貫通品については、材料メーカーと一緒になって開発し、当社は特許をとっている。

さらに精度の高いものを作るために、あらたにファインプレスという当社独自の工法を開発した。通常、厚板の精密抜きとしてファインブランキングという工法をよく使うが、これは高価な機械を使い金型も高い。当社のファインプレスは金型を工夫することで、通常の汎用プレスを使って加工することができ、さらにファインブランキングより高品質なものが加工できるという特徴がある。

設備投資も高精度で段取り替えの早いパーツフォーマーや、非常に剛性の高いプレス機を導入し、様々な開発に取組んだ。その他にも、パーツフォーマーと縦型プレスの技術を組合わせた複合加工 、アセンブリ商品、板鍛造、割型を使って鍛造するなど、新しい技術開発に挑戦し続けている(図5)。

切削加工から冷間鍛造、ファインプレスへ
図5 切削加工から冷間鍛造、ファインプレスへ

ここから先はログインID・パスワードをお持ちの読者様のみ閲覧ができます。

ログイン
購読申込

連載

全てを表示

年度別 INDEX

編集部だより Editorial department
読者の声 voice