クオリティマネジメント Quality Management

文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
ログイン
掲載情報をメールでお知らせします。
購読申込
HOME > 2014年10月-12月(No.11) > コラム・エッセイ > QMコラム(第5回)育む
[QMコラム]を連載します。

第5回
育む

変化している「教育」

「QCは教育にはじまり、教育に終わる」といわれつづけていますが、QCにかぎらず一般的に教育のあり方が変わってきています。今までは、教える人が教えを請う人たちに、90分とか100分、一方的に講義をし、教えを請う人達はその内容をノートに手書きでメモする形で進められてきました。 それが、教えを請う人たちの要請もあり、事前にテキストを配付することで、講義を受ける人たちは講義の前に予習をしてから、講義を受けるように変わりました。さらに、最近では、講義のビデオが事前に配付され、講義を受けられるようになったのです。それも無料で講義を受けられるのです。ちなみに、[1]MOOCもその1つです。

[1]MOOC:Massive Open Online Courseの頭文字。巨大でオープンなオンラインの授業という意味。

ここから先はログインID・パスワードをお持ちの読者様のみ閲覧ができます。

ログインID・パスワードをお持ちの方は、ログインしてください。

ログイン
購読申込

コラム・エッセイ

全てを表示

年度別 INDEX

編集部だより Editorial department
読者の声 voice