クオリティマネジメント Quality Management

文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
ログイン
掲載情報をメールでお知らせします。
購読申込
HOME > 2015年4月-6月(No.13) > コラム・エッセイ > QMコラム(第12回)安全・安心について
テーマ[安全・安心]

第12回
安全・安心について

最初に、「安全・安心とはどのようなものか?」という文言の定義について、インターネットに溢れる言葉の中から引き出してみようと考えた。しかし、この考えは間違っていたと反省している。「よし!」と腑に落ちる説明がみつからないのである。

そこで、2つの文言を別々に考えてみることにした。

まず、「"安全"とは何か」について考えてみた。いろいろな説明を探すことができるが、初心に帰って、その中から世界的にも安全の標準となっている『ISO/IEC Guide51[1]』に頼ることとした。

2014年に更新されたISO/IEC Guide51によれば、安全とは「許容不可能なリスクがないこと(freedom from risk which is not tolerable)」と明示されている。リスクは以下のような式で表すことができる。

リスク = 危害の発生する確率 × 危害の度合い

なるほど、どこまで理解しているかは別として、しっかりとした式で定義できるのだと認識した。

ここから先はログインID・パスワードをお持ちの読者様のみ閲覧ができます。

ログインID・パスワードをお持ちの方は、ログインしてください。

ログイン
購読申込

コラム・エッセイ

全てを表示

年度別 INDEX

編集部だより Editorial department
読者の声 voice