クオリティマネジメント Quality Management

文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
ログイン
掲載情報をメールでお知らせします。
購読申込
HOME > 2016年01-03月(No.16) > 連載 >TQMとISOTQMとISO 9001改訂のマネジメントシステム要素間の関係(第4回)

TQMとISO 9001改訂のマネジメントシステム要素間の関係

第4回 ISO 9001で活用すべきTQMのツール

福丸 典芳 氏
有限会社福丸マネジメントテクノ
代表取締役 福丸 典芳(ふくまる のりよし)氏

ISO 9001の要求事項と主なTQMのツールの関係

ISO 9001は品質マネジメントシステムのパフォーマンスの改善を行い、顧客満足を高めることをねらっている。この改善のためには、TQMに関するツールを活用することが効果的であるので、これらを活用することが大切である。

ISO 9001の要求事項と主なTQMのツールの関係を表1に示す。

表1 ISO 9001の要求事項と主なTQMのツールの関係

ISO 9001の要求事項 主なTQMツール
6.1 リスク及び機会への取組み リスクアセスメント
7.1.3 インフラストラクチャ 設備FMEA
7.1.4 プロセスの運用に関する環境 5S、KYT
7.2 力量 力量評価シート
7.5 文書化した情報 業務機能展開
8.1 運用の計画及び管理 QC工程表、保証の網、作業FMEA、プロセスFMEA
8.2.2 製品及びサービスに関する要求事項の明確化 品質機能展開、商品企画七つ道具
8.3.3 設計・開発へのインプット FTA、DFMEA、信頼性七つ道具
8.3.4 設計・開発の管理 信頼性評価
8.4.2 管理の方式及び程度 二者監査
8.5.1 製造及びサービス提供 検査技法、エラープルーフ
9.1.3 分析及び評価 QC七つ道具、統計的方法
10.1 改善 作業FMEA、プロセスFMEA、設備FMEA、QCストーリー
10.2 不適合及び是正処置 なぜなぜ分析

主なツールの中で、とくに今回の改正で注意すべき要求事項について以下に解説する。

ここから先はログインID・パスワードをお持ちの読者様のみ閲覧ができます。

ログインID・パスワードをお持ちの方は、ログインしてください。

ログイン
購読申込

連載

全てを表示

年度別 INDEX

編集部だより Editorial department
読者の声 voice