クオリティマネジメント Quality Management

文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
ログイン
掲載情報をメールでお知らせします。
購読申込
HOME > 編集部だより > 2013年02月14日 朝香鐵一氏を偲んで

編集部だより

2013年02月14日 朝香鐵一氏を偲んで

2012年12月28日、東京大学名誉教授の朝香鐵一先生が逝去されました。享年98歳でした。

朝香鐵一先生は、日本の品質管理指導の第一人者としてご活躍されました。元社団法人日本品質管理学会会長をつとめられ、1952年にはデミング賞本賞を受賞されています。
戦後の日本産業界の黎明期から日本企業への品質管理の普及・発展に尽力され、朝香先生のご指導のもと、多くの企業がデミング賞に挑戦、成果をあげてきました。その功績の大きさはここに申し上げるまでもありません。

ここにつつしんでご冥福をお祈り申し上げます。

当財団では、2010年の「デミング賞60年記念講演会」にご登壇いただき、日本のものづくりについて期待と激励を込めた力強いメッセージを頂戴しました。その日のお元気な姿が思い出されます。
また、『クオリティマネジメント』では、月刊誌の頃、2006年1月号「私のQC履歴書」において、先生ご自身の歩みと、これからの日本の品質管理についてお話をうかがいました。哀悼の意を込めまして、再掲させていただきます。

すでに近親者のみで葬儀を済まされており、3月1日(金)に関係者によるお別れの会が催されます。お別れの会の詳細につきましては、日科技連・企画広報室(TEL.03-5379-1283)にお問合せください。


編集部一同


2010年11月、デミング賞60年記念講演会での朝香鐵一先生

 

編集部だより Editorial department
読者の声 voice