クオリティマネジメント Quality Management

文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
ログイン
掲載情報をメールでお知らせします。
購読申込
HOME > 編集部だより > 2013年03月25日 味の素さんの取材で

編集部だより

2013年03月25日 味の素さんの取材で

さて、特集でご紹介している味の素さんですが、まだまだ寒い2月、京橋の本社に取材にお伺いしました。
製品「味の素」といえば、日本人なら誰でも慣れ親しんでいるもの。わが家でも、昔も今も「うま味調味料」といえば「味の素」のことで、幼少のみぎり、料理番組で、「ここでうま味調味料を……」などといわれると違和感を覚えるほど、一般名詞のように使っていました。

製品「味の素」ばかりでなく、味の素グループの製品は今や世界中のご家庭で、その土地土地のメニューの中で生かされており、そうまでにするための興味深い取組みを、特集ではご紹介しています。
取材に応えていただいた味の素㈱食品事業本部海外食品部の川端良成事業基盤強化グループ長は中国・上海に1年間、ブラジルに6年間と長期海外赴任された経験をおもちです。その間の帰国はいずれも短期間でわずか2回ほどとか。長期の海外赴任、日本とは勝手が違うところも多く、いろいろとご苦労もあったと思います。それでも、川端氏は「ブラジルに残りたかった」「また海外に戻りたい」といわれていました。
海外赴任経験者の多くが同じような気持ちを抱くそうです。そこまで海外の生活に馴染み、心に深く残るほどに取り組むからこそ、「徹底した現地適合」が成功を見ることになるのでしょう 。

笑い話をひとつ。特集記事内に掲載している写真ですが、私がブラジルの現地スタッフの方とばかり思っていた方が日本人でした。思わず「さすが馴染んでいますね…」と口にしてしまいました。

編集部 平本サチコ

編集部だより Editorial department
読者の声 voice