クオリティマネジメント Quality Management

文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
ログイン
掲載情報をメールでお知らせします。
購読申込
HOME > 編集部だより > 2013年05月22日 はじめての取材(東洋製罐グループホールディングス)

編集部だより

2013年05月22日 はじめての取材(東洋製罐グループホールディングス)

2013年4月に医薬統計事業から企画広報室に異動になり、Webジャーナル
『クオリティマネジメント』を担当することになりました。前任者が今まで
築いてきた『クオリティマネジメント』。その想いも引き継ぎ、新しいこと
にもチャレンジしていきたいと思っています。
これからどうぞよろしくお願いいたします。

さて、私のはじめての取材は、東洋製罐グループホールディングスの金子社長様
へのスペシャルインタビューでした。貴重なお話は、
後日、Webに掲載いたしますが、お話をお伺いし、社内にある展示場を拝見して、
東洋製罐さんが取り扱っている製品の種類の豊富さに驚きました。

もちろん、容器そのものに社名は記されていません。私たちがなにげなく使って
いるプラスチックボトル、カレーや洗剤用のプラスチック袋、紙コップや段ボー
ルケースなど、生活の中に東洋製罐さんのもので占められていることを実感しました。

お伺いした本社ビル1階には、地域に開放されている「容器文化ミュージアム」が
あります。人と容器の歴史からはじまり、容器包装の役割など、子供が見てもわ
かりやすく、また楽しめるようになっていました。近くの小学校からも、低学年の
子供たちが見学に訪れることがあるそうです。取材時も、1組の親子が「夢の容器」
のコーナーを利用していました。

子供たちから投稿された「夢の容器」たちは、どれも発想が豊かでワクワク
するものばかり。“こういうものがあればいいな”というお客様の願いと期待に
答えていくかたちで、東洋製罐さんが生まれ、発展・進化されてきたんですね。
勉強になりました。

当日、取材させていただきました金子社長様をはじめ、
お時間を割いていただき「容器文化ミュージアム」をご案内くださいました
秘書室の福澤様に、あらためて感謝申し上げます。


▼関連サイト
・Web『クオリティマネジメント』No.2掲載中










[スペシャルインタビュー]
 東洋製罐グループホールディングス株式会社 代表取締役社長 金子 俊治 氏
 『創業のDNA 高碕イズムで価値を高め、海外戦略家族へ 』

 ※所属・役職は掲載時のもの
                                  編集部 はら

編集部だより Editorial department
読者の声 voice