クオリティマネジメント Quality Management

文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
ログイン
掲載情報をメールでお知らせします。
購読申込
HOME > 編集部だより > 2014年12月12日 ミクロの世界を身近に「日立ハイテクノロジーズ」

編集部だより

2014年12月12日 ミクロの世界を身近に「日立ハイテクノロジーズ」

先日、東京都港区にある日立ハイテクノロジーズさんに、特集「日本のものづくり」の取材でお伺いしました。
 
日立ハイテクノロジーズさんの「測る」技術は、
 ・人の目には見えない小さなものが見たい
 ・人の目ではとらえることのできない光を見つめたい
そうした想いが、さまざまな分析装置を進化させ、たくさんの製品を生み出してきました。
 
今回、取材させていただいた本田穣慈さんのいらっしゃる那珂地区(茨城県ひたちなか市)は、日立ハイテクノロジーズの主力生産拠点であり、電子顕微鏡や分析装置など、数々の製品のコアパーツが、技術者たちの卓越した技術によって生まれる場所の1つです。
 
電子顕微鏡も、分析装置も、どちらも小さなミクロの世界を「見る」技術を磨いたもの。
ミクロといっても、いったいどれぐらい小さな世界なのでしょうか。
 
ものの長さは、1メートルを基本にして表しますが、
1メートルの1/1000が、1ミリ、
1ミリメートルの1/1000が、1マイクロメートル、
1マイクロメートルの1/1000が、1ナノメートルです。

ミクロの世界がどれだけ小さいか、わかりますでしょうか?

 


皆さんが学生のころに理科の実験で使用されたことがある光学顕微鏡では、目にすることができるミクロの世界には限界があります。一方、電子顕微鏡ではウィルスのようなナノの世界まで見ることができますが、機械の精密さやその機械の費用が高額なので、研究機関のように設備の整った場所にしかなく、ミクロの世界は、普段の生活をする上では、私たちにはあまり身近なものではありません。

しかし、ものづくりの技術が進み、学校でも導入することができる値段の電子顕微鏡が販売されるようになり、今では授業に取入れている学校もあるそうです。取材のあとに、「こちらがそうですよ」と教えてくださったのが、日立ハイテクノロジーズさんの「卓上顕微鏡Miniscope®」(写真)でした。とても大きな機械を想像していたので、デスクトップ本体の2つ分ぐらいのサイズであることに、とても驚きました。
 

 卓上顕微鏡Miniscope®
(画像提供:日立ハイテクノロジーズ)
 
   
(左)日本未来科学館の「サイエンススィッチ」、(右)ラ
ジオ番組「大村正樹のサイエンスキッズ」、
子供向け冊子「科学のおもしろ本~電子顕微鏡のおはなし~」

また、子供たちにわかりやすく科学に触れてもらい、より身近に感じてもらえるようにラジオ番組「大村正樹のサイエンスキッズ」や子供向け冊子「科学のおもしろ本~電子顕微鏡のおはなし~」などを提供するほかに、お台場にある「日本科学未来館」にも日立ハイテクノロジーズさんの電子顕微鏡が設置されているそうです。その専門分野にすすまなければ触れることができなかったミクロの世界が、実際に電子顕微鏡にふれて、身の回りにあるものを見ることができる場を、さまざまな方法で設けていらっしゃることを知ることができました。

こうしてより身近に触れる機会が、子供たちの興味や、子供たちの未来の職業につながっていくんでしょうね。日立ハイテクノロジーズさんの「測る」技術が、「目に見えないものを見たい」という想いから生まれたように、こうした1つひとつの想いや機会がきっかけとなって、つぎの新しい技術や製品へと繋がっていくのかもしれませんね。

さて、本編の特集では、さらに日立ハイテクノロジーズさんの品質面での取組みや、これからの将来構想など、詳しくお話しをお伺いしています。ぜひ、こちらもご覧ください。


今回の取材で、インタビューさせていただきました本田様をはじめ、
取材のご協力いただきましたCSR部の武内様、大変ありがとうございました!


(こぼればなし)
 取材時、2014年技能五輪全国大会(あいち大会)に、数名の方が選手として出場されることをお伺いしました。すでに大会も終了し、WEBや新聞でもご紹介されていますが、フライス盤職種において、日立ハイテクノロジーズさんの武田選手が昨年に引きつづき、金メダルを獲得されたとのこと。そのほかにも、8名の方が出場され、旋盤職種で金メダル、機械製図職種で銀メダルを獲得されました。おめでとうございます!

 ものづくりを支える人財育成に力をいれているとおっしゃっていた日立ハイテクノロジーズさん。2連覇となった武田選手の次の目標は、2015年8月開催の技能五輪国際大会(ブラジル・サンパウロ)ですね。世界大会でのご活躍も期待しています!

編集部 はら
 
▼関連サイト
・Web『クオリティマネジメント』No.12掲載中








[特集]日本のものづくり~品質で日本を盛り返す
 株式会社日立ハイテクノロジーズ

 『グローバルトップをめざすDNAが育んだ 一歩先行く、革新的なソリューション』
 

編集部だより Editorial department
読者の声 voice