クオリティマネジメント Quality Management

文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
ログイン
掲載情報をメールでお知らせします。
購読申込
HOME > 2013年1月-3月(No.4) > 特集 > グローバルで勝つ商品―ローカライズと品質のバランス―「味の素」
特集 グローバルで勝つ商品 ローカライズと品質のバランス

1世紀近くの海外進出経験から生まれた徹底した「現地適合」戦略 味の素

味の素(株)
食品事業本部 海外食品部 事業基盤強化グループ長 川端 良成 氏

 

川端良成氏
川端 良成 氏

日本のあらゆる企業が、成長市場を求めて海外進出を本格化させている。味の素(株)は、創業まもなくニューヨーク事務所を開設。その後、多くの国と地域で海外進出を成功させてきた。2011年2月には、「確かなグローバルカンパニー」構想を発表、世界の成長市場である、アジア・新興国を中心に、海外進出を加速させる中期経営計画を発表した。

なぜ味の素社が、海外進出において成功を収めているのか――そのエッセンスを味の素(株)食品事業本部海外食品部事業基盤強化グループ長・川端良成氏にうかがった。

(聞き手:大坪和博)

ここから先はログインID・パスワードをお持ちの読者様のみ閲覧ができます。

ログインID・パスワードをお持ちの方は、ログインしてください。

ログイン
購読申込

特集

全てを表示

年度別 INDEX

編集部だより Editorial department
読者の声 voice