成功体験3

私がダイエットして良かったことは、高校生の時から成人し、現在の夫と出会い交際して婚約に至るまで幼児体型だったのが解消されたことです。初めはしっかり栄養あるものを食べてしっかり体を動かしてしっかり寝るということをしてはいましたが、ただそれだけでは悩んでいた幼児体型が解消されず悩んでいましたが、夫と交際を初めてからエクササイズのDVDを買ったりフラフープをしたり、お腹周りを重点的に考えて動いたところ、夫と交際を初めてから『この人の為に綺麗になりたい』という気持ちが体全体に伝わったのか、体を動かすと自然と体重が落ちていきました。二の腕や太ももよりも幼児体型が気になっていた私が、気づけばお腹はぺったんこになっていて、本当にダイエットして良かったと思いました。ただ、ダイエットしてちょっと失敗したかなと思ったのは、お気に入りのタイトスカートやベリーショートパンツがお腹周りだけでなくお尻の肉も落ちてしまったために、タイトスカートもブカブカで履けなくなり、ベリーショートパンツもベルトを付けられるところがなかったためにずり落ちてばかりで履けなくなったことです。痩せた後でタイトスカートを履いた時には、『お尻の肉なくなってスマートになったせいでちょっと後ろ姿がダサく見えるね』と言われてしまい、お気に入りだったものなのですが、やむなくリサイクルに出すことになりました。また、夫に甘えて膝の上に座った時にも、お尻の肉がないために骨が分かるくらいだったようで、よく痛いから今は座るの禁止と言われたこともありました。また、自分でもお尻に肉がないのを実感してからはどこにクッションを置いてもすぐにお尻が痛くなったりしたので、この時ばかりは痩せるんじゃなかったと思いました。