成功体験6

33歳男性です。
過去に3回ほど不摂生がたたり、顔がパンパンになるぐらい太った経験があります。(平均体重より10kgぐらい太りました。)
その時、ダイエットに励んだのですが、一番リバウンドが酷かったのが「食事制限」です。
その内容は、朝はしっかり食べて昼と夜は何も食べないという一日1食のダイエット生活を送っていました。
この方法でリバウンドしてしまった原因は、ずばり「ストレス」です。
日常生活の何かを制限するというのは非常に体に負担がかかってしまいます。
とにかく食事制限をしていたときは、「何か食べたい。」という思いがずっと脳裏をよぎっていました。
実際このダイエット生活をしてから2か月ほどで約5.6kg痩せましたが、この食事制限生活に限界を感じ昼夜も食べるようになってしまったのです。
ただしこの食べる量がダイエットをする前よりはるかに摂取量が多くなってしまいました。
食事制限生活に終わりを告げ、昼食を摂った時、最高に食べることへの幸せを感じました。
ダイエットをするうえで重要なのは「制限」をしないことです。
3回目に行ったダイエットは仕事終わり、いつも降りる駅より一つ手前の駅で降りて歩くということに挑戦しました。
このダイエットは普段の日常生活に対し制限をかけてはいないので、特にストレスを感じることなく取り組めましたね。
ダイエットをするうえで重要なのは、我慢することではなく楽しくできることを探すという事が肝心です。
私の場合、仕事終わりに一駅分歩くことで、普段の景色も変わり、次第に歩くことに対して楽しさを覚えるようになりました。
朝昼晩、3食食べているので通常の体重に戻るまでは約半年程かかりましたが、実際今でも一駅手前で降りて歩いて帰宅するという日常を送っています。